バブルアップ記事メーカー動画解説サイト 記事作成補助機能

記事作成補助機能

バブルアップ記事メーカーの記事作成補助ツールとして特化した機能の解説します。

バブルアップ記事メーカー特典付き 販売ページへ

記事作成補助機能エントリー一覧

ワード挿入機能
検索して抽出したキーワードをテキストエディタ上にランダムに表示させます。これによって、需要のあるキーワードを含んだ文章作りが容易になります。また、さらに取得機能を用いる事で、取得できる関連ワードの関連ワードも利用できるので、文章にあわせて多少の修正を入れる事で、属性を絞った集客ができる文章構成が可能になります。Googleサジェスト機能でも同様にして取得したキーワードを利用するとYahooだけでなく、Googleにも強い文章を作れるという利点があります。
調査ボタン
YahooサジェストワードやGoogleサジェスト機能で取得したキーワードというのは、検索需要があるけれど、認知度が低い、もしくは「自分が知らないキーワード」というのも存在します。そんな時にこの調査ボタンを利用すると、選択した範囲のキーワードをwikipedia・yahoo辞典から検索し、意味をその場で調べる事ができます。これによって、「キーワードで取得した以上の深い情報」やさらに「キーワードだけでは見えてこないキーワード」なども掘り下げる事が可能にになります。
自動挿入モード
Yahoo関連キーワード・Googleサジェストキーワードなどを取得して準備ができた状態で、自動挿入モードにチェックを入れると、取得しておいた情報からランダムにキーワードが自動的に挿入されます。自動挿入スピードは、超ゆったり・ゆったり・普通・ややせかせか・せかせか・超せかせかの六段階式になっています。お好みの速度でご利用下さい。
ワンタイム機能
ワンタイムボックスをチェックすると、取得した関連ワードを消費します。今までは取得した情報をランダムに表示するため、同じキーワードが出現し、文章内で重複する事が多かったのですが、このワンタイム機能によって、一度利用したキーワードは表示されずに、取得したキーワードから消滅します。
マイワード機能
マイワード機能では、予め自分が用意したキーワードを取得した関連ワードに表示し、文章作成の際に利用できるという機能です。需要のあるキーワードだけで、文章を作るのは難しいので、あらかじめジャンルが決まっている場合に利用すると、文章構成の助け船になる事もあります。実際の用途としては、指定キーワードがある文章を書かなければいけない時などに役に立つ機能です。あらかじめ、マイワードに登録しておいて、ワンタイム機能と併用する事で、最低1回は文章内に自然に盛り込まれるようになります。
接頭詞・接続詞・接尾語挿入機能
文章の書き始め、つなぎ目、書き終わり、これらの言葉というのは文章構成をしていく上で、もっとも重要になります。前の文章を打ち消すような展開にするなら、「しかし、」や「だが、」などといった利用法もできますが、それだと使いどころに困る事もあります。ただ、何も書く内容が決まっていない場合、この接頭詞に助けられる事もあります。例えば・・、や現在は・・、などあたりさわりのない言葉で文章が始まると、その後関連ワードの組み合わせ方もスムーズになります。
カウントタイマー機能
これはひとつの作業目安として利用するといいでしょう。実際に記事を書き始めて手が止まってしまい、インターネットで情報をみながら行ったり、違う情報を見たり、他人のブログに脱線したり・・そういう堕落した自分を「この時間だけはシャットアウト」して作業に集中します。また、実際に1記事書くのに自分がどれだけの時間がかかっているのか?そういったチェックにも利用できます。使い方は人それぞれです。5分なら5分と決め手、自動挿入機能を利用して、何文字の文章が作成できるのか?などです。カウントアップは自分の作業速度を...
キーフレーズ機能
自分でトランス的に記事を作成していったり、関連ワードを挿入して内容が濃い記事を書いたとしても、その記事ページに設定するキーワードに迷うと思います。そこでこのフレーズ機能を利用すると、具体的にどんなキーワードにすればいいかがはっきりと見えるようになります。自分で作成した記事の中から、キーワードを出現回数でチェックし、どのキーワードが何回表示されたのかを一目で確認できます。出現回数と取得件数・最短何文字のキーワードから最長何文字のキーワードまで、抽出条件を絞って半角カンマ区切りで情報取得ができます。...

Copyright (C) 2009 バブルアップ記事メーカー動画解説サイト All Rights Reserved.