バブルアップ記事メーカー動画解説サイト Googleサジェスト機能

サジェスト機能紹介

Googleサジェスト機能

 

バブルアップ記事メーカーTYPE-Sでは、様々なサジェストワードを取得できます

 

Googleサジェスト Googleで日々検索されている検索候補ワード
Yahooサジェスト Yahooで検索需要が高いキーワード候補
amazonサジェスト amazon内でよく検索されているキーワード候補
Youtubeサジェスト Youtube内の動画検索に用いられているキーワード候補
Bingサジェスト マイクロソフトのBingでよく検索されているキーワード候補

 

TYPE-SからはYahooAPI有料化のためYahoo関連ワード取得機能が撤廃され、その代わりに様々な環境のサジェストワードを取得できる機能が搭載。一般的な検索候補取得元となるGoogleやYahoo以外に、商品名検索が多いamazonや動画名での検索が多いYoutubeなどからも需要の高いキーワードを取得できるため、記事作成の際に、話題性の高いコンテンツを作成するのに役立ちます

サジェスト拡張機能

Googleサジェスト機能

 

TYPE-Sから導入されたサジェスト拡張機能。これがバブルアップ記事メーカーの目玉機能といってもいいでしょう。通常、入力したキーワードの検索候補ワードを探す際、「よく検索されているキーワード」という検索需要を優先的に情報を取得するため、同じような機能を搭載しているツールで取得できる情報に差はありませんでした。しかし、このTYPE-Sは、検索需要順ではなく、キーワード+○(文字を指定)で候補を絞り込んでいけます

 

  • キーワード+(あ〜んの50音から始まるキーワード)
  • キーワード+(0〜9の数字から始まるキーワード)
  • キーワード+(a〜zの英数字から始まるキーワード)

 

これによって本来は見つかるはずの無い検索候補まで幅広く網羅できるだけでなく、amazonやYoutubeといった一般検索とはまた違ったジャンルにおいてもあらゆる関連ワードを収集し、さらに取得機能でより深い需要のあるキーワードを取得できるようになりました。

バブルアップ記事メーカー特典付き 販売ページへ

Googleサジェスト機能関連エントリー

さらに取得機能
バブルアップ記事メーカーのYahoo関連ワードもGoogleサジェスト機能もどっちも最高に生かすためのさらに取得機能について解説します。

Copyright (C) 2009 バブルアップ記事メーカー動画解説サイト All Rights Reserved.

Googleサジェスト機能

バブルアップ記事メーカーには情報参照機能として、Googleサジェスト機能が搭載されています。このサジェスト機能について解説します。